アシナガバチは細身で小さい|巣が出来たら駆除することが大切です

駆除が終わった後の事

笑顔の男性

アシナガバチを駆除したり巣を撤去したりする時は戻ってくるハチの対策もします。対策の仕方は粘着性のある板のようなものを吊るして、そこにアシナガバチをひっかけます。その罠を仕掛けておかないと戻ってきたハチが混乱して、周辺の人に被害を及ぼす可能性があります。そのため、罠を仕掛けておくことがとても重要になります。

駆除業者にもよりますが、駆除をした1週間後くらいにもう一度来てもらいアシナガバチが再び巣を作っていないかどうかの確認をしに来てくれます。もし、アシナガバチが戻ってきた場合は再び駆除作業をしてくれるのですごく安心出来ます。しかし、費用が再び発生する場合もあるので事前に業者の情報を把握しておくと良いでしょう。

アシナガバチの駆除が終われば料金を支払うことになります。支払い方は様々で銀行振り込みの場合もあれば前払いの場合もあります。そのへんは事前に業者に問い合わせることで確認が出来ます。駆除の当日に現金で支払う業者もあります。

アシナガバチの駆除の料金は結構高めとなっているため、駆除を依頼せずに放置する人が多いです。放置をしてしまうと刺される可能性が高くなるのでとても危険ですし、更に巣が大きくなったり違う巣が出来てしまったりして巣の規模が大きくなってしまいます。そうなると駆除にかかる費用が更にアップしてしまうので、なるべく早めにアシナガバチを駆除する事が大切です。そのほうが費用的にも安いですし、自分の身を守るためにもなります。